Blog

世の中捨てたもんじゃない

世の中捨てたもんじゃない

土曜日の夜は仕込み準備で遅くなってしまう。自分で作って食べるのが嫌で、帰宅してから夜食を戴く。寝不足気味かつ腹ぺこで、ふわふわしてて危険な春の陽気に負けそうだ。
しかし、日付けが替わるまでに帰宅せねばならぬと、勝手なルールに沿ってふらふらで帰る。時間は23時半を回っていた。
バイクのガソリンが極少だが、多分自分の腹の方がペコペコだろうと無視してそそくさ家路を走らせた。
プス
プスプス
げー‼マジっすか?!ガス欠やん。。
家を目の前にしてのガス欠。朝にバイクを押してスタンドに向かうのは不可能と判断して、今のうちに近所のスタンドにガソリンを入れてやるのが懸命だろうと、ふらふらになりながらバイクを押してスタンドを目指した。
ガン‼‼‼
こけた
アイテテ溝にはまってもうた。ありゃりゃ左のバックミラーこっぱ微塵やん。やってもうた。えっこらさっさ、力が出ないよ〜ん、どらえも〜ん。ん?どらえもん?
「大丈夫ですか?」
どらえもんではないが、40代くらいの女性が助けに来てくれたのだ。 一緒にバイクを溝から引っ張りだしてくれたのだ。めっちゃ優しいやん、マジすんません、謝りまくり、感謝しまくり、大丈夫ですと念を押してスタンドへまた向かった。
するとまた車1台トラックが前に止まり、にいちゃんが降りてきた。
「大丈夫〜?遠かったら積んだろうかと思ってー」
優しい。
大丈夫です大丈夫ですとまたまた感謝しまくり後にした。
結局スタンドまで押してガソリンを補充して、普通に帰宅出来た。
右すねは痛むが、やたら心地よい。
こんなド田舎でド真夜中に、ド運動音痴野郎に、世間は優しい。猛烈に優しいのだ。
ガソリンスタンドのライトが涙でにじんだ。ありがとうございます。明日も元気にやれそうです。

グリラバ通信VOL.42「たったそれだけの事で」

グリラバ通信VOL.42「たったそれだけの事で」

2年程前だったか、コカコーラを注文されたお客様(母親と息子さん)に350mlの缶の中にまだ少し残ってため、グラスに注いだコーラプラスα残りの缶を缶ごと善かれと思い提供した事があった。
その母親が「え?コーラってゼロコーラなんですか?メニューには記されてないんですけど…。」と問われて、とっさに「え?味違いますぅ?!」と返してしまった。そのお客様は一瞬眼孔が開き、黙ったままだった。すぐに謝罪したが、時すでに遅し、、、。
せっかくの息子さんとのランチタイムに嫌な思いをさせてしまった。ほんの少しのニュアンス、少しトゲのある言葉、たったそれだけの事でお客様は離れていく。当然の事。
あからさまな失態や失言なんかじゃない。ほんと些細な事、当たり前なところの何気ない「雑さ」や「無神経」で人はイラっとするし、いつまでも憶えているものですよね。
また来たいと思ってもらうか、二度と行きたくないと思うかは、そんな心のやりとりが大きく左右している。料理の味が美味しいかどうかは、その接客度の居心地の良し悪しで変わってしまう。と言っても過言ではないと思う。 たまに汚ねー店で店主も無愛想だが味はピカイチとかいう人居てますが、その人どうかしてると思いますよ。
明日も機嫌良く営業出来ますようにと願いつつ、お疲れさまでしたm(__)m