2019年 6月 03日

  • TOP
  • 2019年 6月 03日

ブログ更新しました

知ってる人もいるだろうけど、僕この前に苦情のお葉書をいただきその内容が「ブログ読んだらクソな奴やった」とかいう内容で、そのことをSNSに投稿したところ、沢山の人から励ましのコメントを頂きまして、先ず、その人たちへ感謝の気持ち伝えたいです。僕はクソな奴ではなかったようです。だいぶん心も落ち着いて来ましたので、ご心配無用です。ほんまに、ありがとうございます!!

苦情の葉書にも書かれてたんだけど「文章力磨いた方が良い」とのことですが、僕が文章力磨くかどうかは、僕自身が決める事なので「何で匿名の奴に言われなあかんねん、逆に文章力磨きたく無くなったわ」と心の中で思いました。インターネット上で発信するにあたり、物書きではない素人が文章を書くことで、色々と過ちが生じてしまう。スマホの普及で、活字を打ち込む事が増えたけど、頭が悪いんで国語力も無いままにブログなどを書いてしまい、結局何が言いたいねん、って事多々あると思う。そもそも言葉自体が、人の心の揺らぎに追いついてないのに、文章で人に何かをわかりやすく伝えるって無理があるんだろう。

誰かのツイートで「人類にインターネットは早すぎた」て、ほんとその通りだと思った。今までになかったしがらみがしがらみを生んで身動きが逆にとりにくくなった。知りたい情報が手軽に得られるかわり、知りたくない情報まで手軽に得られる。

例えば戦国時代に皆んなスマホ片手に斬り合いしてたら、もっとぐちゃぐちゃになってたんかも。武田信玄が上杉謙信のブログ読んで「うわ!こいつめっさええやつやん!」とか、織田信長が明智光秀のツイート見て「まじかよ!ショック過ぎじゃん!」とか。源氏物語でfacebookあったらロマンもヘチマまない。。

今や無法地帯のインターネット、匿名だのネトウヨだの普通の人が酷いこと平気でしてまう時代。コンビニの成人向け雑誌無くしたところで、スマホで簡単にエロ動画見まくってるやん。逆に動画投稿手軽に出来るから、恐喝とかの犯罪が減ることは良いことですが。

表裏一体というか、良い面と悪い面と、想像を遥かに超える暴力装置に変わる一面があるんだと、思い知った。ブログは日記。こっそり見て風呂入って寝て下さい。そんな大層なもんじゃないです。