Blog

ネットvs現実 第四話

スマホの向こう側の顔の見えない誰かさんのいいねより、わざわざわかりにくい所を探して来てくださった、目の前のお客さんの「あー美味しかった」がほしい。いやうそ、スマホの向こう側の誰かさんからのいいねもいっぱいほしいさ、人間だもの。まー結局はどっちも大切ちゅう事でした。今回は現実話を少々します。

ずっと料理ばかりで厨房にこもってると頭がおかしくなりそうなので、たまにホール作業をするようにしてる。その時の僕はウエイターつうよりウエイトレス気分で、バイトさんらからは「ミノコ」と呼ばれている。(本名はミノル)
ミノコたまにしかホールしないから、ちょいドジっ子だし、対人恐怖症気味だから人の目を見て話しするとドギマギしちゃう。だけど、本当はお客さんむっちゃ好きで、ミノコ的にはコロナなかったら全員ハグしたい気持ち。いやうそ、ハグは流石にしない。感謝してることちゃんと伝えたいので、接客時はなるべく目を見て話ししようとか、なるべく優し〜い返事しようとか、ミノコなりにあがいてるつもり。

レジにて。お会計〇〇円です、とお伝えした時に、女性2人組のひとりの方が「1万円しかないー、細かいのないー、めっちゃうざい客やんー」と小声で言うてたの聞こえたので、勇気を振り絞り、目を見て、「全然うざくないですよ!」って応えたらプチ笑いしてくれて嬉しかったり。

レジにて。3人家族のお会計時、むきむきマッチョなパパさんが腰低い感じで「チョコバナナシフォン、ってランチセットに書いてたんですが、バナナ乗ってなかったんすけど、、」とご指摘され、慌てふためき「すみませーん!」を連発するしか能がなかった。お釣りを返す瞬間に50円バックしよかな、いやそんなせこいことしたら逆に怒らせるかな、て、あわわあわわしてるうちに、お客さんは残念そうに帰ってしまった。ムッキムキやったし、低姿勢で紳士的やったし、ミノコの完敗だった。(ほんますんませんでした)

注文時にて。メニューを説明しようとメニュー表を手に取ろうとしたら見えない角度で、お客さん(若い女の子)の細い手をいやらしい感じで触ってしまい、「すみませーん!」連発する僕に対し手を隠すお方。その方注文した料理あまり食してなかったので、僕が手を触ってきも悪すぎて食欲失せたんやろか、と被害妄想に落ちいり、ため息ひとつ。。

現実って生の感じ、何が起こるか分からない、やっぱりこの生の感じ、良いなー。対人はやっぱ疲れ方が精神に来る。大量にパン焼くほうがある意味楽だわ。

つづく

ネットvs現実 第三話

1日のスマホを触ってる時間を1時間くらいに抑えれるようになってきた。なるべく必要な時だけ開くように心がけてたら、日に日にあまり気にならなくなり、ガラケー時代のただの携帯電話みたいになっていた。

最近、レンタルビデオ屋で「北の国から」をドラマから鑑賞するのにハマっている。休みの日は2本観たりして泣いている。あの世界ってスマホどころか、電気も水道もない極寒の生活で生き抜く、人間の辛さとかたくましさとかもろさとか、一言で言えない魅力が詰まってる。毎回泣いてまう。
たしか、純がちょうど中3の頃の回、初恋、だったと思うけど、大昔見た時は純目線だったのに、今見たら五郎さん目線にすり替わってた。
希薄になってるお父さんに純が「昔はなんでも挑戦してたじゃないか!」みたいなシーンがあるんだけど、僕の息子も丁度中3で、僕自身も五郎さんみたいに希薄になってるようで、そのセリフが胸に刺さった。出来ない言い訳ばっか並べてる。しんどいしんどいばっかで、愚痴っぽくなってる。他者への労りとか、ねぎらいとか、忘れかけていた。

という感じで、ドラマ観てはしょっちゅう泣いてるんだけど、最近思うのは、涙もおしっこや汗と同じだなぁということ。おしっこや汗は身体的に排出しないといけなくて、出さないと身体を壊す。涙は精神的な排出物で、これも同じく、出さないと心を壊す。身体と心は別のようで同じで、お互いを見つめ合いなかがら 二人三期で自分の調子を支えているわけ。。身体を壊すと心も病む、心を病めば身体を壊す。そういうものだし。

疲れたら休めばいい。ただ疲れる事にびびって自分を抑制しながらダラダラ過ごしてると、何も成し遂げれなくなって来てる気がする。疲れるまでは走れよっていうか、。

ブログなんかで宣言するのダセーから行動しようと思う。あと、五郎さん(田中邦衛)が歌う、長渕剛の「やるならいましかねぇ」ってサビ、最高でした。

つづく

ネットvs現実 第二話

スマホの使ってる時間割が分かる表あるでしょ?あれ見ていつもやな気分になるんです。スマホを見てる時間が4時間とかマジかよって思うけど、スマホと僕どっちが優秀かっつったら100パースマホなんでマジなんだろう。つい通知が来ると見てしまうし、通知が来なくても通知待ちでヒマでもないのにスマホに手が伸びる。前に誰かのツイートで「ツイッターしてる場合ではない時にこそツイッターしてる」てのを見て、わーほんまほんまって納得させられた事があった。本当に有意義な情報を得てるのって1年のうち数回だ。そんなことわかっててチロチロタイムライン見たりして時間を潰している。タバコを止めた時と似た感情が少し湧いた。
インターネット止めよう。

慣れ親しんだものに急に飽きたり、ハマってた趣味が急につまらなく感じたり、可愛いなって好意持ってた人がブスに見えたり、僕という人間はいい加減な半端者なとこが昔からある。詰まってしまう事が、つまらない?合ってるのかな?丁度いい感じになるとぶっ壊したくなる。不安だから安心したいんだけど、いざちょっと安心するともう1人の僕が、「お前、不安定の方が好きなくせに」と囁いてくる。嗚呼、なんて面倒臭い性格なのか、バカバカバカ!そして静かに自ら後退してしまう自分がいる。

スマホ依存症を断ち切り、僕は僕のしたい事(というかお仕事)に昇進しようと決めた(という決意をそのスマホでしてる矛盾)。アレとコレがごっちゃになって訳がわからない。

つづく

ネットVS現実 第一話

SNSの一切を断ち切ろうと「諸事情によりSNSをしばらく削除します」とSNS上でお知らせをした。諸事情って何と曖昧な言い回しなのか、結局のところ言いたくないことやから訊かんといてな、的なずるい言い回しだな。

昔はアホな頭で文章考えて手紙を書いたり、電話番号を苦労して手に入れて勇気振り絞り好きなあのこに電話かけて声が聴こえたら慌てて切ったり、なんと不便で時間のかかることばっかりを繰り返してたのだろうか、と思う。今の時代、電話番号なんか知らないのが当たり前で、誰やねんおまえ、的な人達ともじゃんじゃん繋がり放題で余裕で連絡が出来ちゃう。それにしてもおやつはカールじゃないけど、それにしても現実は地味で関わってる人も2〜3人で、都会人の人脈やテレビドラマのような入り組んだ人間関係、三角とか四角とか知らんけど、こんがらがった図式にはほど遠い。自分、妻、子、スタッフ、客、たまにおかん、以上。すごくシンプルだ。ネット社会が、原哲夫の北斗の拳なら、現実の人間関係なんかへのへのもへじみたいにかんちくりん。そのギャップというか、嘘と本当というか、ふたつの世界に対して、僕は多分滅入ってしまったんだと思う。ちょっと説明が長くなるので分けてみようと思う。第一話はこの辺でやめておきます。

営業の電話

色んなところから営業の電話がかかって来る。
お店がヤバいくらい暇やった頃は、業績伸ばしたくて色んな人の話を訊いて良さげやなぁと思ったら、承諾していた。

僕自身、お店を知ってもらうために色々仕掛けて、営業かけるの苦手なんで、プロの営業マンの仕事っぷりを観察してから最終的に全部お断りする。
向こうも仕事で電話して来るんで必死な感じをなるべく出さずに、あくまでお店が良くなることを願いつつこちらも良い仕事をしたいって誠意を伝えようとしてるんだけど、商品を売る際に押し売りは禁物というウソが発生するため、言葉使いや、演技力を問われるのである。
バイトの面接しかり、IT企業しかり、数えきれないくらい嘘つかれて来たので、だいぶん嘘つきの特徴が見分けられるようになった。

人は嘘をつくとき、目が泳いだり斜め上を眺めたりする人は未だ嘘つき歴浅く、優しさがある人だ。
本物の嘘つきは目を見て真面目に嘘つける人。ある意味仕事の出来る人なんだろうけど、魂売ってもうてるんで、何とも気色の悪いムードが漏れている。
言葉は綺麗んだけど、中身がペラいというか、胡散臭くて笑顔が仮面に見える。
マニュアル通り丸暗記した当たり障りのない言葉は冷たく感じる。。
偉そうに勝手に言うてますけど、僕自身全く営業出来ないポンコツ君なんです。
お店の宣伝とかどうしたらいいかわからない。僕はとにかく満足してもらえるメニューを作り続けるだけしか脳がない。
苦手なことはせず、出来ることをちゃんとしようと心がけてる。
凄く地味だし、冒険しないおもんない奴だと自負してるんだけど、この鉄の掟を破って上手くいった試しがない。
たまにヒットしたとしてもそれはたまたままぐれで出来てしまったことだと思う。

手当たり次第電話して、中々話しすら訊いてくれる方も少ないかもしれないし、大変なお仕事だと思います。頭下がります。
個人的に何の恨み嫉みないんですが、基本僕は広告費を出さない方針でお店運営してますので、インターネット関係や宣伝媒体全般、お断りします。
独自のやり方でやってて、秘密の一つや二つありますので、どうか邪魔しないでください。
まあ、こんなところで書いても届かないんだろうけど、あまりに最近しつこい営業電話多くて鬱憤溜まってました。
すみません。

赤信号の話

またお店と全然関係ない話なんで、ちょっと読んだろっかなって思うてくれる人は一読くださいー。

自分で納得しないと行動出来ないたちなので、理不尽な作業とか無駄な動きとか嫌いで、命令された事が意に反したときは体調が悪くなったり、顔に嫌そうなのがモロに出てしまう。

妻は与えられた仕事を速攻でするタイプで、その中身に自分の意思はいれたりしない。言われた事を言われた通りする間違えないようにこなす。うちの子はオトナの顔色を伺うような、安全運転したい子で、長いものに巻かれろ的なところがある。

まだ子が10歳くらいの時に「渡ってもいい赤信号」の話をして、ヒートアップした事があった。例えば僕が夜散歩してたとして、見透しの良い交差点、車も人も全くなくて、赤信号の場合、渡るor渡らない?の話。 僕は渡る。子は渡らない。赤信号を渡ることはイケナイこと、ダメ、絶対に!の子に対して、誰も居ないのに馬鹿みたいに赤信号待ってるのはおかしい、の僕。口論みたいになって楽しかった。間違ってるのは僕なのはわかるけど、正しいことだけが正しいとは限らず、答えはひとつじゃなかったりする、そんな感じの話になり、赤だけを信じるな!みたいなことになった。 僕も子も頑固な性格でどちらかが折れることはなかった。大麻はダメ!とか、不倫はダメ!とか、嘘はダメ!とか、いじめはダメ!とか、そういう類いの即座にダメモードになる思考停止してるみたいで気色悪いんです。何をそんなにめくじら立てて怒ることか、とボソボソと思う。。何で?って訊いたら「何でも!」とか「そういうもんやねん」とか応える大人は罪深いと思う。正しさとかどうでもええわ!って言いたくなる事、子供の頃からあった。

罪人の事情とか背景もあるはずで、いきなりクソ野郎になったんじゃないと思いたいって感覚がある。我々は妻以外の女子にちょっかいかけるのを我慢してるのに、なんであいつは女子とよろしくやってるのか、けしからん!とかの怒りがわからない。

話しそれたので戻します。赤信号みんなで渡れば怖くないっていいますけど、青信号だって渡ってたら轢き殺されるかもよ、って思う。その信号の色ごときを信じて行動するより、周りが視えてるかのほうが大事なんじゃないかと。なんか強引な言い訳みたいだなぁ。

昔、新聞配達してた頃、カブで信号待ちしてたら、その誰もいない交差点で僕は、あー徒歩やったら無視してるやろなーって思うてた。横断歩道の向こう側に目をやると、首輪をした犬がお座りをしていた。それはお座りというか、明らかに信号待ちをしてる様だった。 僕はホッコリした気分で誰も居ない交差点で、なかなか青にならない信号を待った。信号が変わり、僕と犬は走り出した。あれは良き思い出だけど。おわり

コロナ対策

2回目の緊急事態宣言が出てからピタリと客足が止まった。その前日は駆け込み乗車のようにお客さん多くて忙しかったのに、手のひらを返したかのように暇になった。夜営業されてるお店は壊滅的で、近所のお店も閉店したり休業したりで、見るも無惨な気持ちになる。たまたまウチはこの件に関しては運が良かっただけのように思う。

うーむ、このまま何もしないで耐え忍ぶにも限界かなと思って、コロナ対策真剣に考えてみた。やろうと思えば究極は休業が1番のコロナ対策なんだけど、お店閉めたら家族やスタッフを困らせてしまうし、単純にお金がなくなって閉店しましたってのは芸が無い。やれることやろうと思った。第一波の頃はまだ今より得体の知れないウィルスで対策の仕方も探り探りだった。
広島の有名な餃子店は徹底的に対策しようとしてたら、何とかエモンにSNSで「コロナ脳が!」っていちゃもんつけられる始末。無茶苦茶な話だけど、実際得体の知れない新型ウィルスの事で見解が様々なのは仕方ないし、衝突することも当然の結果だと思う。価値観とか、勉強の仕方とか、モノの考え方とか、色々あっていいんだけど、皆自分が正しいと思い込んで生活してるから、悪気のない悪ってそこら中にうじゃうじゃ居る。てか、きっと僕も誰かさんにとっては悪なんだ。

換気、消毒、テーブル数を減らす、アクリル板設置、、そこまでは対策として妻と話し合って直ぐ決まった。悩んだのがマスク着用をお願いするかどうかだった。このご時世マスク着用は当たり前というのを踏まえても、やれ、喋らなかったら問題ないやろがい、やれ、食事はマスク外すやろがい、とか言い出すおバカさんが現れたら鬱陶しいなぁ、とか悩み、輩みたいに絡まれるん嫌やなぁ、プッツンきちゃって「やかましわ!出てけー!」つって、お前が1番飛沫飛ばしてやかましいやん、てことにもなりかねない。
マスク着用は常識人なら大丈夫か、って事であえて項目にあげなかった。僕はルールを敷くのがとても苦手で、禁止規制と言われるとテンション下がる。これはルールじゃなくて、マナーの項目だ、と言い聞かせた。「家族だから密でも大丈夫でしょ?アクリル板邪魔なんで外してくんない?」的な人ちらほら居てます。だけど、それとこれは別ではないんだよぉぉぉ。茶舞台ひっくり返す発言に値するんだよぉぉぉ。

同じひとつの行動に「いいね」と「やだね」が評価される。アクリル板が邪魔だって不機嫌になる人もいれば、ちゃんとしてるの感心だわ?っておっしゃる人もいる。

だからマナーは守ろう。気分良く帰ってほしいし、休業もしたくないんです。綺麗事かもしれないけど、お客さんといい感じでいたいってまじで願っているんです。

 

よろしくお願いします!

結束バンド

色々なことが気になって集中力が持続しない。昔からそうだけど、これというものがない。情緒不安定なときは何をしても落ち着きがなく、一度に色々なことをしようとしてしまう。スマホ触って、誰かのブログ読みながら途中で止めて、読みかけの本読み始めて、また止めて、テレビつけてすぐ消して、ギター触ろうかな、いや漫画読もかな、いや、鞄の中身片付けないといけないな、とか、30分くらい直ぐ経つ。

仕事も多分、この道一筋の専門店って出来ない理由そんな意識が散らかるタイプだからあれこれやって手を出してしまうんだと思う。。食パン屋さんは食パンしか焼かない。らーめん屋さんは一杯入魂。凄いなあと思う。真似出来ないことだ。人を楽しませたいとか以前に自分が楽しくないとって過剰に思うてるとこあるのか、バラバラなのをいっぺんにする方が楽しいと思い込んでいる。

今日もなんか情緒が不安定で、強風警報出てたみたいで、強風でお店の看板がお客さまの車に当たってたみたいで、傷が付いたかもと無性にきになり、お客さんに謝った。どうって事ないから大丈夫だと思います〜、とおっしゃってたんだけど、だと思います〜だから、本当は大丈夫じゃないんだわ、あーやだやだ、。と、心がガサガサしていた。

家に帰ると今度は自転車置き場のテントが裏の家までぶっ飛んで、裏の隣人がテントを戻してくれて、ビニール紐で応急処置でくくってくれていた(息子に聞く)。謝りに行かなきゃと、裏の家の人に謝り、状況を確認した。車大丈夫ですか?と問うと、笑いながら、大丈夫でしょう、みたいなニュアンスで応えた。あー、大丈夫じゃないぃぃ、と情緒がグラグラになる。一応その場は謝りながら去ったけど、まだ気持ちが強風で飛ばされてまいそうな感じだった。なんでこんな事が1日に2回もあんねんとかブツブツ言いながら、近所のホームセンターで、テントを縛る結束バンドを妻と買いに出た。
僕がグラグラなときに妻は大概しっかりして行動的で頼もしい。直ぐに結束バンド買いに行こって言うし、まじで直ぐ行くし、手順や1日のスケジュールも合理的で素晴らしいて思う。

僕と妻は1番強そうな結束バンドを買った。僕、妻、結束バンド。テントというか、僕と妻が結束されてる感じがした。一日中情緒が不安定だったけど、夜になってやっと安定した。結束バンドありがとさん。

お勉強と学問は違う、だそうです

最近、爆笑問題の太田光にはまって色々動画みたり本読んだりしてるんだけど、「爆問学問」って番組見てあれこれ思う。爆笑問題のふたりが有名大学に行って教授や生徒達とトークバトルする。僕、学生の頃勉強嫌いで、まともにお勉強した事なかった。

授業てスタイルが理解出来ないというか、なんでこんな興味ないしょうもないオトナの話をコドモが40人くらい集まって聞くのか。ぶっちゃけ何の意味があるのかはっきり応えてくれるオトナなど皆無で、学生は勉強が仕事とか更に意味わからないこと押し付けてくる人いるし、学校というミニ軍隊育成所みたいなところ苦痛でしかなかった。まあ、友達がいたり、好きな子がいたりしたから行くもんだった。学校の意義ってなんなんだ?偏差値高けりゃエライのか?高学歴だと幸せになれるのか?何でずっと英語教えてるのに話せないままなんだ?ほんでもって生徒ほぼ話せてないのに先生は何でクビにならないんだ?歴史いうて3千年前の誰も見た事ないウソみたいな逸話知ったところで今の時代に何の役に立つのか?なんせさっぱりわからない。大学4年間遊ぶために親に高い授業料払わせる神経がまじわからない。それなのに店しだしてから、大学教授の難しい本読んだりしてる。
あれ程学校アレルギーで大嫌いだったのに、何でかなーと思ってた。
太田光さんも全く同じこと言ってて、先生が嫌い、学校が嫌い、って番組で言ってたんだけど、どこかの大学教授がその発言に応えていて腑に落ちた。
「お勉強と学問は違う」だそうです。僕はお勉強出来ないけど、学問に興味あるんだわ、阿保だから。と。
学歴社会、学歴差別クソ喰らえ。自分がお勉強が出来ないから劣等感で思うてたってのもあるんだけど、あの競走させたり順位とかがほんま嫌だわ〜、なくなればいいのに〜、って呪いのように思う。そうじゃなくて学問って、自分の問題だから楽しいし、興味深々。なんて俺は阿保なんだろうか、と本読んだり、賢い人の話聞くと思う。だけどそれが凄く心地よい反省なんよなぁ。不思議だけど、1ミリだけでも賢くなった気がすると充実した気分になる。他人との会話や、考え方、それぞれで凄く面白い。

例えば、僕、会社員時代に浮いてたみたいでいつも原因不明の不眠症に悩んでたんだけど、自営し出してからやる事ありすぎてパニックになったけど、毎日泥のように眠ってる。
身体は男の子だけど心は女の子で女装してみたら凄いしっくり来た、みたいな。そんなことも何も知らないで、本読んでたらその答えが明確に書いてあって夜中に泣いてもうたりするんです。お勉強出来ないけど学問は誰でも出来る。社会の仕組みや、人間って奴は複雑で頭おかしいくなるけど、複雑だからこそもっと知りたいんだなぁ。。

オチない話でしょうもないでしょうけど、僕ずっとこんなんなんです。最後まで読んで頂きありがとうございました〜。

グリーンラバーズのうたの話

今年の2月頃にお店のPRソングを作ろうと考えて、SNSにどなたか手伝ってくれませんか?と何気に投稿したら、てくらがり名義で作品を出し続けてるミュージシャンの方から、良ければお力になりましょか?と連絡頂き一緒に作ることになった。
てくらがりさんの音楽の世界観大好きで、僕ファンなんでむっちゃ嬉しかった。
4月に店でてくらがりレコ発加古川編ライブ企画してたんだけど、コロナのせいで無くなってしまった。
収束したら同じメンバーでしたいけど、この有様なのでまだ先になりそう。。

満島ひかり主演の「川の底からこんにちは」を観て刺激を受けた。
話しの中で倒産寸前のしじみ工場を満島ひかりが立て直して行くんだけど、その時にPRソングを作り従業員を奮起させる。その歌がむっちゃ良くて、これだと思うた。
うちにも歌あったらいいな、って。で、てくらがりさんと歌作る事になったんで、鼻歌まかせでぼんやり作ってみた。
スマホのボイスメモに僕が一発撮りした未完成デモ音源を聴いてもらい、そこから歌詞を足したり、アレンジしてもらったり、サビ作ってもらったり、そのやりとりがすごく楽しくて嬉しくて良い経験だった。
元の僕が作った音源がみるみる心地よい曲に変わって満足のいく仕上がりになりました。感謝です。

ジャケを僕が絵を描いて仕上げ、人知れず販売したんだけど、あんまり売れないもんだな。
せっかく協力してもらったてくらがりさんに申し訳ない。。
音楽ってどうやって売ったらいいのかよくわからない。てか、今CDなんか売れない時代でスマホでサブスク聴いたりしてるんでしょ?たいがい。
僕音楽はスマホで聴くの嫌なタチなんで、殆どCDやレコードで音楽聴きます。
自分が作った曲を売るとなると、人に買ってくれ!ってどかどか言いにくくなってしまい、お店のパンもそうだけど、商売人として致命的な販売能力が極端に低い。。
曲は気に入ってるし、てくらがりさんの声もぴったりはまってる。バージョン違い入れての2曲入りなんだけど、てくらがりさんに「村田さんバージョンも入れて下さい」と言われて、頑張ってみます、とお応えした。それから、10ヶ月くらい経って実はようやく村田バージョンをスタジオ録音して来た。
なんかフリが長くなってしまったけど、グリーンラバーズのうた、3曲入り近々出します。
歌詞の中の主人公が小6の女の子の設定で、女の子がお母さんにグリーンラバーズに連れて行ってもらうストーリーなんで、43歳のおっさんが歌うと、イメージがぼろぼろに崩れるようで抵抗あった。
まあしかし、僕が書いた歌詞なのは事実なんだし、秋元康も赤いスイートピーとか作ったんだし、別にそれはそれで良いか、と強引に自分を慰めておっさん歌いました。
シークレットトラックやと思うてくれたら幸いですので、新しく出すPRソンググリーンラバーズのうたも買って~~(小声)。